出力素材を利用したアニメーション動画の作成について

ぷちきゃらメルでは、作成したアバターをpng画像として出力できます。
また、アニメーション動画等の素材として出力して利用することも可能です。
※利用できる範囲については利用規約をご確認ください。

png画像や、素材の出力は、機能ボタンをクリックして表示される以下のパネルから各番号のアイコンをクリックして行えます。


puchi_manual_export_function

ぷちきゃらメルでpng出力した画像は以下のようになります。

①png出力

puchi_manual_export_ex_png

以下は、ぷちきゃらメルで素材出力機能で生成した素材画像を、各アニメーション作成ソフトを用いて作成した動画の例です。

②素材出力し、えもふりで作成

③素材出力し、Live2Dで作成

④素材出力し、nicotalkで作成
⑤素材出力し、ゆっくりMovieMakerで作成

各素材の利用についての概略は、以下の図のようになります。

puchi_manual_export_flow

※Live2Dは、Live2D Cubism Editerでモデリングし、Live2D Animator でアニメーションを付けて動画を作成します。

各素材を利用したアニメーション動画の作成方法についての詳細は、以下のページに記載しています。
E-mote/えもふり用素材を利用して作成
Live2D用素材を利用して作成
nicotalkでゆっくり実況動画を作成
ゆっくりMovieMakerで実況動画を作成

きゃらメル マスコットキャラクター
きゃらメル子ちゃん

ツイッターは、こちら
twitter.com/charamerukochan